素敵なパパに大変身|プロペシアでハゲからイケメン

薄毛を治療する為に必要な医薬品

プロペシアとは、国内に1000万を超すAGAの方が用いる原因物質を取除く効果を持つ経口の内服により髪の周期を正常に戻す医薬品と言われており、国際的にも医師により処方されるのは初の事となり、継続的かつ長期的な内服を必要としますが七割以上の方に発毛や脱毛の進行を遅滞させる効果が頭皮に現れるとされ有効性が高いと考えられているものになり又、国内処方においては保険の適応が無い自由診療となるので薬価等の治療に掛かる費用は全て自己負担となる事には留意が必要となります。
その一方で未承認の薬として扱われますが、同一フィナステリドを含有するフィンペシアという後発薬も印度の製薬会社から販売が行われているので治療費負担額を下げたい方には後発薬も後発薬は良いとされ、個人での輸入により投薬を開始する事が出来ます。
プロペシアの特徴としては、まずその剤形は錠剤とされ、成分フィナステリドの用量の単位は0.2・1.0mgとされており、この用量は症状の進行状況によって医師の判断で適宜に増減されるものとし、その外見は薄く赤みがかった桃色をしており、二十歳を超えていない方や女性の方には処方する事が出来ない成人以上を対象とする男性の方専用の医薬品とされています。
一方の後発フィンペシアは、同様に錠剤で外見は白色とされ1.0mgのみの用量規格となり、処方の対象も先行薬と同一とされています。
成分フィナステリドの持つ作用としては、AGAの原因物質DHTを産生する雄性ホルモンテストステロンを変換してしまう5α-還元酵素を阻害する事により毛乳頭細胞への結合を抑制し髪が休止期あるいは退行期に入る事を防ぐ事で髪を失った毛穴からも再び成長させる事ができ、発毛を期待する事が出来るとされており、特に30から40前半までの方には臨床試験の結果からもより高い効果を発揮すると言われています。
・起こる副作用について
先行プロペシア、後発フィンペシアは経口内服薬となるので副作用症状は少なからず有るとされ、五%の方にリビドー減退が起こるとされ、一%の方にEDが生じるとされており、男性機能を低下させてしまう症状が現れる事が有るので、個人の価値観にもよりますが充実した性交を一時的に出来ない可能性も有るのでその点を考慮した上で内服する必要が有ります。

コンテンツ

EDの原因